いつもの弁当とふたり暮らし 〜弁当・暮らしの忘備録〜

日々の弁当の現実。好き嫌い多い人への弁当作り。なんとか映えとか関係無し。暮らしの中で思うことも。

第359回 美味しいお菓子

夫は食が細い方だ。

現在の弁当箱は男性がお昼に食べる量としてはまぁ普通だとは思う。
少し前までは女性用の弁当箱を使っていた。


一度にたくさん食べると胃腸の調子が悪くなるので自分で調整し、仕事の合間におやつを食べている。


そのおやつを選ぶのがわたし。

しかし安くて美味しいお菓子は数あれどそれが身体に良いお菓子とは限らない。

日本製の市販クッキーにはショートニングが入っていることが多い。
カロリー補助食品みたいなのにも入っていてがっかりする。

他にも心配な材料が入っていたりして、食べ続けるのはどうなのかなと思うことも。

その点、海外のクッキーにはショートニング・マーガリンは入っていない。
食感はかためだが、バターの風味が感じられてわたし個人は美味しいと思う。

しかし夫は、一口目にサクッとして口の中でホロホロと崩れるようなのが好きらしい。
歯があまり強くないせいもある。

わたしも余計なものが入ってないお菓子作りに奮闘したこともある。
しかし、夫は口には出さなかったが、好みではなかった様子がうかがえた。
…クッキーは確かにかたかった。


手作りのお菓子店で買おうとすると特に焼き菓子は1個が小さいし袋の中の個数も少ない。
そして何よりコストが高い。

大量生産不可・良い材料を手に入れるためのコスト等を考えたら仕方ないけど、なんとかならないものか。

とりあえず今日マクロビクッキーをポチってみた。

模索は続く。


弁当です
ブロッコリーとベーコンの炒め物
茹で卵 味噌に一晩漬けて。
竹輪チーズ詰め
冷食

今日も、皆さんご無事で

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村