いつもの弁当とふたり暮らし 〜弁当・暮らしの忘備録〜

日々の弁当の現実。好き嫌い多い人への弁当作り。なんとか映えとか関係無し。暮らしの中で思うことも。

第255回 誰のため?

高校野球が終わりました。
大会に関わった全ての皆様お疲れ様でした。開催時期・投球数問題など再考が必要な事案も浮き彫りになりましたね。

とは言え、ひたむきなプレーに人々が感動したのも事実です。

見ている方が感動を覚える…

最近はスポーツ選手などが『感動を与えられるようなプレーを云々』というような言葉を使うことがあります。

実際試合中はひたむきに勝利を目指して頑張っているので『よし、ここで感動を与えよう!』なんては考えてもいないはず。
みている方がそのひたむきな姿を見て感動を覚えるということだと思います。

※※※※
昔々学生の頃、とあるイベント企画をしていた時にある男性が
『自分達が(そのイベントを)楽しいと思えば、参加する方も楽しいと思うはずだ』と言いました。
わたしはすぐに反論します。
『楽しいか楽しくないかは参加した人が思うことだ。企画する方が楽しいと思うことは大事だが、そういう断定的な考え方は傲慢だ』

…結局その男性とは平行線のままでした。

『主観』はその人のものなので、例えばイベント開催者がどんなに自分達が楽しんでやっていても、どう感じるかは参加者の自由なのではないかと個人的には思っています。今も変わりません。まぁ企画する側としては良い反応の方が嬉しいのは事実、ではあります。

弁当です
カボチャ・ベーコンの炒め物
バターで
卵焼き ベーコン入り
冷食一品
ウインナー

加工品使い過ぎなのかな。
なるべく素材をそのまま使うようにしたい。

今日も、皆さんご無事で

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村