いつもの弁当とふたり暮らし 〜弁当・暮らしの忘備録〜

日々の弁当の現実。好き嫌い多い人への弁当作り。なんとか映えとか関係無し。暮らしの中で思うことも。

いつもの弁当114

ちょっとスカスカ感がある今日の弁当です。

さて、街はクリスマスムードが高まりつつあります。
サンタの靴に入ったお菓子を眺めながら、小さい時のことを思い出しました。

幼稚園に入る前のことです。雪の降り積もった明るいクリスマスの朝、母親から『サンタさんが来たよ』と起こされました。枕元にキャラメルの箱が置いてありました。
その時初めてサンタさんの存在を知りました。何かくれる人なのか!(笑)と。森永のハイソフトでした。今でも鮮明な記憶です。(おそらくキャラメルの他にもおもちゃなど貰ったのだと思うのですが)

程なくしてわたしは、サンタさんは両親だと気がつくのですが、妹はしばらく信じ続けていて、おもちゃの包み紙が(当時の)ジャスコだったことを母親になぜか?と聞いていて困らせていたのを懐かしく思い出しました。

今日も、皆さんご無事で。

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村